中央区八重洲の歯科 東京ステーション歯科クリニック|感染予防対策

東京ステーション歯科クリニック
東京都中央区八重洲

トップページ病院案内トップ感染予防対策

感染のない安全な歯科治療

当医院において使用する診療器具は滅菌処理を 施し、保存用パックにて保存しております。

使用直前に保存用パックを開封し、使用することに より清潔で、感染のない安全な歯科治療が行えます。

滅菌パック

2気圧の132度の高圧蒸気で10分間にわたり 高温と圧力で滅菌を行う機械を導入し、 感染予防に対し十分な配慮をしております。

高圧蒸気滅菌器

尚、コップ・エプロン、注射針、手袋などは、 一回毎の使い捨てとしております

タービン

タービン

歯を削るときに使用する機械(キーンと高い音を 発生する削る機械)のことをタービンといいます。

当医院ではタービンも一人一人の患者さんごとに 取り替え、滅菌処理を施し無菌の状態で再び 患者さんへ再使用します。

そのため、使用する前に患者さんの目の前で滅菌 パックから取り出し、機械に取り付けて使用します。

一度使用した器具は取り外し、最初に専用機械に入れて洗浄します。
その後に滅菌処理を行います。

タービン洗浄専用機械

滅菌パックと呼ばれる袋に入れてオートクレーブと呼ばれる圧力釜のような
機械に入れて滅菌処理を行い無菌化します。

滅菌パック、オートクレーブ

使用時に患者さんの目の前で滅菌パックから取り出し、機械に取り付けて
使用します。この様な処理を行い一人一人の患者さんに使うことで院内感染の
心配のいらない、安全な歯科治療が行えるのです。

接続前と治療直前

感染予防対策

器具

空気や水をかける器具もお口の中に入る部分は 上記と同様で、患者さん一人一人に無菌のものに 交換して使用します。

くちびるの角に引っかけて唾を吸い取るプラスチックの管は滅菌処理の高熱に
耐えられないため一回ごとの使い捨てとしています。

使い捨て