東京駅八重洲口から徒歩約2分、東京メトロ銀座線・京橋駅徒歩約3分

東京ステーション歯科クリニック
東京都中央区八重洲2-4-1ユニゾ八重洲ビル地下1F

トップページ > 院長より > 院長紹介

院長紹介

院長

院長名 小川 洋一
役職 松本歯科大学臨床教授
出身校 明海大学歯学部
卒後研修 国際デンタルアカデミー
所属学会 ―国内学会―
1.日本顎咬合学会 理事
2.OJ(Osseointegration Study Club of Japan) 理事
3.日本審美協会 会員
4.日本臨床歯内療法学会 会員

―国際学会―
5.アメリカ歯周病学会(The American Academy of Periodontology)
6.ヨーロッパインプラント学会(European Association for Osseintegration)
7.国際口腔インプラント学会(International Congress of Oral Implantologists) 認定医

経歴

明海大学を卒業後、河津歯科医院(現 河津インプラント研究所) 河津寛先生(現 明海大学臨床教授)に師事、同施設に於いて診療部長 の職を経て小川歯科医院開設。

職務時代に国際デンタルアカデミーにて研修、数々の国内外の研修に て研鑽を積む。
特に歯周病治療は、10年来、UCLA大学 ヘンリータケイ教授の直接指 導を受け、歯周形成外科をいち早く日本で実践する。
また、同大学 サーシャ・ジョバノッビッチ先生にアドバンス的なインプラン ト治療の手ほどきを受け、今後ますます進化する、歯周病治療、インプラ ント治療の技術の習得に努めている。
現在、明海大学歯周病縛講座の臨床生として在籍。

主な業績

治療結果を、論文にまとめ臨床報告として、歯科専門誌に投稿。
また年数回の学会発表を行う。
国内での業績が認められ、2005年8月に、台湾の学会より招待演者として 招かれ、初の海外での講演を行う。
11月にはフランスで開催されるインプラントの国際大会で発表。精力的に 活動を行っている。
現在、若手歯科医師を集め今後の歯科界を見据え、良質な歯科治療とは 何かを、実践すべく歯科医師の育成に尽力を注ぐ。

詳しくは、『学会発表』『論文発表』をご覧下さい。



最近の活動報告

2015年11月、当院院長が、日本顎咬合学会 近畿・中国・四国支部学術大会におきまして特別講演を行いました。
「顔貌の要素を咬合再構築に取り入れるための治療方針−日本顎咬合学会で教わったこと、日本顎咬合学会で伝えたいこと−」をテーマに満員の会場で3時間にも及ぶ講演となり、大盛況の特別講演となりました。

特別講演1 特別講演2 特別講演3 特別講演4




DHが語る インプラントがおもしろいほどわかる本

2015年3月 当院院長が歯科衛生士向けの教科書を執筆、出版となりました。

「DHが語る インプラントがおもしろいほどわかる本」と題し、インプラント治療について、 インプラントの構造から、天然歯との共通点・相違点、長期予後の安定に欠かせない咬合や清掃性を考えた歯冠形態まで、 文献からの考察をもとにQ&Aで解説しています。

楽しく見て、読んで学べる、インプラントの基礎と実践が詰まった歯科衛生士必携の1冊となっております。





院長著書

2013年5月 当院院長が歯科医師向けの教科書を執筆、出版となりました。

「ゴールを見据えたインプラント治療のためのCT活用」と題し、インプラント治療のCT診断の基礎から応用までを網羅した歯科医師を対象とした教科書です。

専門図書のため、一般の書店で取り扱うことはありませんが、評判の図書となり、おかげさまで歯科医師の間では高い評価を受けております。

当院で行っているインプラント治療におけるCT診断のノウハウを系統的にまとめ、 その診断ノウハウが他の歯科医師の間に広がることは、当院の方針でもある治療の質の見える化にもつながり、大変喜ばしいことでもあります。

これからも医院全体で医療技術の向上に努める所存でございます。




2012年2月シカゴで開催された学会で、院長が学会発表をして参りました。

発表を行ったAARD(The American Academy of Restorative Dentistry)は、 今年で82年続く米国では格式の高い、世界でトップクラスの伝統学会です。
会員は世界各地の著名な歯科医師で構成されています。

世界の歯科界のオピニオンリーダーが年に一度シカゴに集結し、 歯科治療の術式を報告し合いその術式が世界に広がります。
本学会に所属する日本人は数名で、数年ぶりの日本人の発表となりました。

発表は実際の治療術式を解説しながらデモンストレーションを行う形式で行われ、 治療ステップ毎の模型や治療器具を持ち込み、参加の先生方に披露しました。

格式の高い学会での発表とあって緊張のなか終了、高い評価を頂きました。

東京ステーション歯科クリニックでは院長以外にも歯科医師、歯科衛生士が学会発表や、論文発表を行っています。
このことをホームページなどで報告することにより、 「歯科治療の質の見える化」に取り組んでおります。
詳しくは本サイトの、歯科治療の質を見える化するをご参照ください。

学会1 学会2 学会3 学会4

東京ステーション歯科クリニック採用情報

Copyright(C) 1997-2017 Tokyo Station Dental Clinic,All Rights Reserved.