中央区八重洲の歯科 東京ステーション歯科クリニック|歯周病治療

東京ステーション歯科クリニック
東京都中央区八重洲

トップページ診療案内トップ歯周病治療トップ歯周病の基礎知識歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

GTR-歯周組織再生療法


当院ではGTR(Guided Tissue Regeneration)日本語訳では組織再生誘導法にて歯周組織の再生を行っております。

この再生療法も歯周外科処置と同様で歯周初期治療後に行う治療です。治療を成功させる為には術前に歯周病原因菌を可及的に少なくすることが大切です。

この再生療法は全ての歯に適応する治療法ではありません。特に骨縁下ポケットがある症例に有効的な治療法ですが、術前の診断が治療を成功させる重要な要素になります。

GTRの歯周外科手術

歯肉辺縁より約1mm離れた部位より歯槽骨頂(骨の頂点)に向けて切開します。


歯肉(結合組織を含め)を歯槽骨頂から約2mm剥がします。


内部の肉芽組織を除去します。希薄な骨を破折させないように行います。


歯根部を滑拓にし、新たな歯周組織の再生を促します。


歯周組織の中で歯肉や結合組織は歯根膜や骨よりも早く増殖するため、このまま放置すると 歯根膜や骨の再生はされずに歯肉や結合組織で内部が満たされる事になります。 歯根膜や骨を再生させる為には歯肉や結合組織が増殖しないように膜を設置し歯根膜や骨 が再生を促す環境にします。
 


膜は歯に精度良く合わせ、歯肉粘膜弁で適切に閉鎖します。術後は清潔な状態を保つ為に 当医院で調合した含嗽剤でうがいをして頂きます。
手術部位の歯ブラシやデンタルフロスの使用は1〜2週間は控えて頂きます。
 


膜で閉鎖された内部に新生の歯根膜と骨が再生されます。膜は術後4〜6週間で摘出します。
 


術後約3ヶ月経過すると再生した歯周組織が安定します。 歯周組織が再生された事で歯が骨によって支持される面積が術前より増加しています。
 


歯周ポケットが浅くなった事により、歯周環境が整備され自己メインテナンスが容易になります。