中央区八重洲の歯科 東京ステーション歯科クリニック|歯周病治療

東京ステーション歯科クリニック
東京都中央区八重洲

トップページ診療案内トップ歯周病治療トップ歯周病の基礎知識歯周病進行段階

歯周病進行段階

歯肉炎

歯周ポケット内にプラークや歯石が付着した状態が続くと歯肉が炎症を起こします。
歯肉は腫れ、赤くなり丸みを帯び、ブラッシングやフロスで出血します。
歯周ポケットの深さは2〜3mm程度。
この段階では、結合組織付着の喪失はみられません。
その為に、ブラッシングやスケーリング(歯科医院で行う歯石除去)などで健全歯肉に もどることが可能です。

歯肉炎

初期

歯肉炎から、さらに細菌感染が進んだ状態です。
歯肉の炎症は歯肉炎時とほぼ同様。ブラッシングやフロスで出血します。
細菌感染の進行により結合組織付着が喪失し、破壊された結合組織付着は、元には 戻りません。この時点で歯周病だという自覚は、ほぼありません。
歯周ポケットの深さは3〜4mm程度。

初期

中期

歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。
歯周組織の破壊もさらに進行し、骨の破壊を伴い、歯周ポケットは深くなっていきます。
ブラッシングやフロスでの出血が多くなり、深くなったポケットには歯石が溜まり悪化します。
人によっては歯周病の進行を、自覚します。歯周ポケットの深さは4〜5mm程度。

中期

重度

歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。
それと同様に歯周組織の破壊も加速し、歯の支持している骨が少なくなります。
歯肉は若干退縮しますが、歯周病重度でも進行に気づきにくい場合もあります。
ブラッシング時には、出血だけでなく膿が出ることもあり、また、強い口臭などの症状も 認められます。歯周ポケットの深さは5mm以上。

重度

末期

歯肉は赤紫色に腫れ上がり、少し触れただけで直ぐに出血したり膿が出ます。
口臭もさらに強くなります。
歯周組織の破壊と同様に歯肉も退縮し、歯が長くなったように感じ、 歯と歯の隙間も目立つようになります。
歯を支える骨が極端に減少し、歯が揺れてきます。 歯が動揺することで咬む力が弱くなります。
そのまま 放置すると歯が抜け落ちることもあります。

末期