歯を一本失うと|東京駅八重洲の東京ステーション歯科クリニック

DSC_4986.JPG

1本でも001.jpg

歯を失うってどういうこと?




歯を失っても良いなどと思う人はいないと思います。誰しも、自分自身の健康な歯で食事や会話を楽しみたいと考えるに違いありません。
しかし、何らかの原因で歯を失ってしまったら。あなたはどうしますか?
1本だけだから…とそのまま放置してしまうとお口の中では大変なことが起こるのです。
たった1本の歯の喪失が連鎖的に全ての歯の状態を悪化させてしまいます。
ではなぜ、たった1本の歯の喪失が全ての歯を悪くすることに繋がるのでしょうか。
本項目では、歯を1本失ったお口の中でどの様に病気が進行していくのか解説します。

歯を失うなんて他人事?


上のグラフは、厚生労働省による平成17年の歯科疾患実態調査結果の一部です。
この調査は「全ての国民が健やかで豊かな生活を過ごす為に」と厚生労働省により考えられた
歯科保険医療対策の推進を目的に昭和32年から6年ごとに行われています。
前奥を対象とし、無作為に抽出した満1歳以上の男女を調査対象としています。


厚生労働省 歯科疾患事態調査改.psd20本以上の歯を有する割合は40歳以上のいずれの年齢階級でも調査を行う度に増加していることがわかります。
また、80歳以上で20本以上の歯を有する割合は平成17年には初めて20%を超えるなど人々の歯に対する意識が年々高まっているという風にとらえることが出来ます。

しかし、歯を失う人は年齢階級が上がっていくにつれ増加しています。
一般的な歯(永久歯)の本数は28本なので、平成17年であっても50〜54歳の約2割りちかくが8本以上もの歯を失っているということになるのです。

虫歯や事故、また歯周病など原因は様々ですが歯を失うということは特別なことではなく誰にでも起こりうることなのです。

歯と歯の周囲の構造

はじめに構造を勉強しましょう

DSC_5054.JPG歯は歯冠(しかん)と歯根(しこん)とで成り立っています。歯冠の表面は体の中で一番硬い組織のエナメル質で覆われています。歯冠の表面は体の中で...

続きを読む...LinkIcon

病気進行のメカニズム その1

下の大臼歯を一本失うと何が起きる?

DSC_5002.JPG下の大臼歯を1本喪失すると隙間が空きます。すると上の大臼歯は咬み合う歯が無い状態になります。そのまま放置すると1本の歯を喪失は...

続きを読む...LinkIcon

病気進行のメカニズム その2

歯周ポケットが深くなる仕組み

DSC_5013.JPGまた、食事をする度に上の大臼歯の隙間に下の大臼歯で食べ滓を詰め込む事になります。これは上の一番奥の大臼歯を後方へ押す力になり...

続きを読む...LinkIcon

病気進行のメカニズム その3

歯を支えている骨が無くなる

DSC_5040.JPG病的な歯周ポケットは歯肉に慢性の炎症を引き起こし、やがて付近の骨の炎症を引き起こす原因となります。そして炎症し感染した骨は徐々に...

続きを読む...LinkIcon

病気進行のメカニズム その4

全ての大臼歯が無くなる!

DSC_5067.JPG上の2本の大臼歯の虫歯が進行すると、細菌が神経まで侵入し歯の内部に感染を引き起こします。この感染が重度に進行すると、根の先まで化膿する事態を...

続きを読む...LinkIcon

早期治療がお口を守る

なんと言っても早めの治療

DSC_5050.JPG一本の歯を失い治療をしなかったことにより、連鎖的にいろいろな問題(歯の延出、傾斜、細菌の停滞、歯周ポケットの形成、虫歯、骨の喪失)が...

続きを読む...LinkIcon