歯周ポケットが深くなる仕組み|東京駅八重洲の東京ステーション歯科クリニック

DSC_4986.JPG

病気進行のメカニズム

悪化が悪化を呼ぶ

1本歯を失うと04.jpg
また、食事をする度に上の大臼歯の隙間に下の大臼歯で食べ滓を詰め込む事になります。
これは上の一番奥の大臼歯を後方へ押す力になり、更に歯並びを悪くさせ歯と歯の間に隙間がもっと空いてきます。すると食べ物がその隙間へ頻繁に入るようになり、更に歯並びを悪くし深刻な歯肉の炎症になるのです。
上の大臼歯の挺出は、その歯の歯根露出してくる事も忘れてはなりません。
露出した歯根はしみる症状(知覚過敏)が起き、歯ブラシを当てると痛みを感じるようになり細菌が繁殖し虫歯になってしまうのです。
歯根は歯根よりも虫歯になりやすく進行も早く、その為今まで虫歯がなかった人でも歯根が露出すると虫歯になってしまう危険性が高くなります。

歯周ポケットが深くなる仕組み


歯が傾くとその歯に沿って歯周ポケットは作られるのです。
その歯周ポケットは狭く、歯肉と歯根の間に病的な隙間または亀裂が深く作られ、食べ滓が詰まりやすく細菌の絶好の棲みかになります。
その病的な歯周ポケットは歯ブラシやフロスでも清潔を保つ事は困難で、歯周ポケットに集まった細菌が増殖し慢性的な歯肉の炎症を発症させてしまいます。
この状態を長く放置させる事により更にその周囲に炎症を波及させてしまいます。


1本歯を失うと05.jpg

病気進行のメカニズム

1本歯を失うと02.jpg1本歯を失うと03.jpg1本歯を失うと04.jpg1本歯を失うと05.jpg1本歯を失うと06.jpg1本歯を失うと07.jpg1本歯を失うと08.jpg1本歯を失うと09.jpg