全ての大臼歯が無くなる!|東京駅八重洲の東京ステーション歯科クリニック

DSC_4986.JPG

病気進行のメカニズム

歯根内への細菌侵入

1本歯を失うと08.jpg
上の2本の大臼歯の虫歯が進行すると、細菌が神経まで侵入し歯の内部に感染を引き起こします。この感染が重度に進行すると、根の先まで化膿する事態を引き起こします。
この虫歯が重篤になって周囲に感染し破壊が進んでしまうと、抜歯しなくてはならなくなる事もあります。
下の一番奥の大臼歯は歯周ポケットにより強い慢性炎症が発症し周囲の骨を破壊し続け、骨の喪失は前方の歯根周囲のみならず、後方の歯根周囲にも波及してしまいます。
最終的には歯の全周囲にある支えている骨が喪失し歯がグラグラになり咬む事ができなくなります。
その歯は感染源となり周囲の骨を破壊してしまう為、抜歯になってしまうのです。

全ての大臼歯喪失

全ての大臼歯を失った事により小臼歯の後方の咬み合わせの支持が無くなってしまい、残りの歯は負担過重となってしまいます。
無理な力が加わる事によって歯と歯の間が離れ、食べ物が挟まるようになり歯周病が発病します。
すると歯周ポケットに沿って骨が破壊されます。それと同時に虫歯も発生します。
これらの症状が進行し続けると、残っている小臼歯も抜歯しなければならない事態になってしまうのです。もはやこの状態では正常に咬む事が出来なくなり破壊は前歯にも波及していきます。
正常に咬む事が出来ない事は筋肉も正常に機能しなくなり口元の状態も変化します。
1本歯を失うと09.jpg

病気進行のメカニズム

1本歯を失うと02.jpg1本歯を失うと03.jpg1本歯を失うと04.jpg1本歯を失うと05.jpg1本歯を失うと06.jpg1本歯を失うと07.jpg1本歯を失うと08.jpg1本歯を失うと09.jpg