最新の歯科用CTを完備しております

当院の歯科用CT は細かいスライス幅と高い解像度を持った最新機器種です。

このことにより、従来レントゲン写真でのみ診断していた事も、三次元 的に診断することが可能となり、的確な診断を行うことが可能となりました。

当院の歯科用コーンビームCT は、医科用ヘリカルCT に比べ、歯科領域の診断に特化しています。

そのため特に顎の周囲において、非常に細かなスライス画像が得られる だけでなく、高い画像描出能力に優れ、診断に有用な画像を得ることができる診断機器です。

歯科用CT を院内に完備することにより、インプラント治療における三次元的診断が迅速に行えるようになったばかりか、 インプラント以外の 治療分野でも診断を的確に行えるようになりました。

歯周病治療

抜歯即時インプラント

歯周病治療の診断では、歯の周りの骨の 状態を知ることは重要な診断項目です。

骨の治癒を待つ約3~6ヶ月が不必要になるため治療期間が短くなります。 また、抜歯とインプラントをいれる手術が同時に出来ることで外科処置の回数も減り、痛みや腫れの発生する回数も少なくなります。

歯科用CT によって得られる三次元的画像は、歯の周囲骨の状態を的確に診断する ことができ、歯周治療の診断に役立つばかりか、受診者の方も病態をより具体的に理解することができます。

親知らず

現代人は顎の大きさが小さくなった事により、親知らずが横に向いて骨の中に埋 まっていることが多く、 親知らずに周囲に細菌が蓄積することにより、周囲の歯肉が腫れる原因となります。

治療法は抜歯である事が多いのですが、この際にも歯科用CT により診断することは、安全な術式につながります。

根の治療

歯の根の尖に炎症がある際にも歯科用CTで撮影することで的確な診断を下すことが可能です。

切開せずにすむため、出血や術後の痛みや腫れが最小限ですみます。また、切開合も不必要なので手術時間や通院回数の短縮に繋がります。

特に臼歯は根の数が複数あり、レントゲンでは重なって見えることが多いため三次元的な診断が役に立ちます。

以上のように、高解像度の歯科用CTを用いることで、病態を的確に診断することが可能となりました。院内にCTを備えることにより、より簡 便に迅速な診断を下せるようになりました。

本日の空き状況