学会発表

学会発表(2013)年

10月31日

KDSC定例会

スタディーグループ KDSC定例会

「インプラント治療のこれからを考える」
ー成功と失敗の分かれ道を探るー

8月23日

日本審美協会2013年臨床セミナー

審美歯科治療成功への鍵
-成功と失敗の分かれ道を探る-
「一口腔単位で診断するインプラント治療のガイドライン」
-溢れる情報時代に翻弄されないために-

6月29日

31回日本顎咬合学会学術大会

インプラントを用いた咬合再構築のガイドライン
-審美性と機能性を両立するための3Dリポジショニング-

6月16日

GCインプラント実践セミナー

「リスクマネージメントに基づくスキルアップ外科セミナー」

6月2日

明海大学同窓会インプラント研修会

審美領域へのインプラント実践コース
豚下顎骨を用いた実習により審美性が重要視される部位への適応症の拡大を
目指します

5月25日

DHA臨床強化12ヶ月コース

第1回目 補綴と咬合
「中心位を臨床に生かす」

4月21日

DHAインプラント補綴コース

3月31日

第28回日本審美歯科協会学術講演会

-審美歯科の潮流を探る-
「広範囲のインプラント治療におけるガイドライン
-2つの審美性を考える-」

3月16日

DHAインプラント外科コース

3月10日

インプラントライブオペコース

2012年2月シカゴで開催された学会で院長が学会発表をして参りました。

2012年2月シカゴで開催された学会で院長が学会発表をして参りました。

発表を行ったAARD(The American Academy of Restorative Dentistry) は、今年で82年続く米国では格式の高い、世界でトップクラスの伝統学会です。

会員は世界各地の著名な歯科医師で構成されています。

世界の歯科界のオピニオンリーダーが年に一度シカゴに集結し、歯科治療の術式を報告し合いその術式が世界に広がります。

本学会に所属する日本人は数名で、数年ぶりの日本人の発表となりました。

発表は実際の治療術式を解説しながらデモンストレーションを行う形式で行われ、治療ステップ毎の模型や治療器具を持ち込み、 参加の先生方に披露しました。

格式の高い学会での発表とあって緊張のなか終了、高い評価を頂きました。

東京ステーション歯科クリニックでは院長以外にも歯科医師、歯科衛生士が学会発表や、論文発表を行っています。

このことをホームページなどで報告することにより、「 歯科治療の質の見える化」に取り組んでおります。

詳しくは本サイトの、歯科治療の質を見える化するをご参照ください。

診療のご案内

当院では、質の高い治療を行うため、予約制となっております。 ご理解・ご協力をお願いいたします。

東京ステーション歯科クリニックの電話お問合せ東京ステーション歯科クリニックの電話お問合せ

診療時間

午前・午後とご都合に合わせてご予約ください。

診療時間

休診日

土曜日、日曜日、祝祭日が休診日となります。ご予約の前にご確認ください。

休診日

診療内容

保険治療はもちろんのこと、インプラント治療や歯を美しくする治療等の専門性の高い治療にも対応しております。

  • 保険治療
  • 歯周病治療
  • インプラント治療
  • 歯を美しくする治療
  • 矯正治療
  • 保険治療
  • 歯周病治療
  • インプラント治療
  • 歯を美しくする治療
  • 矯正治療

交通アクセスのご案内

交通アクセスのご案内

東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル地下1階

最寄り駅のご案内

  • JR「東京駅」八重洲南口より徒歩約3分
  • 東京メトロ銀座線「京橋駅」1番出口より徒歩約3分
  • 東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」A3、B3出口より徒歩約5分

首都高速のご案内

  • 目黒、羽田、千葉、常磐道、東北道方面より〈呉服橋〉ランプ
  • 新宿、池袋、中央道、東名高速、関越道方面より〈江戸橋〉ランプ