再評価

初期治療終了後、再度歯周病検査を行います。精密検査と同様の、器具での歯周ポケットの深さ の測定と歯肉からの出血と排膿のチェックを 行います。初期治療開始前と終了後の数値と出血や排膿 の様子などを比較し、ご説明します。

再評価の結果は大まかに、3つに分かれます

歯周外科が不要で欠損歯がない場合

歯肉の腫れの有無は関係ないが歯周ポケットの深さが3mm 以下

歯周外科が必要な場合

歯肉に腫れが有り歯周ポケットの深さが4mm 以上

歯周外科が不要で欠損歯がある場合

歯肉の腫れの有無は関係ないが歯周ポケットの深さが3mm 以下

本日の空き状況