歯周病進行段階

歯肉炎

歯周ポケット内にプラークや歯石が付着した状態が続くと歯肉が炎症を起こします。歯肉は腫れ、赤くなり丸みを帯び、ブラッシングやフロ スで出血します。歯周ポケットの深さは2~3mm 程度。この段階では、結合組織付着の喪失はみられません。その為に、ブラッシングやス ケーリング(歯科医院で行う歯石除去)などで健全歯肉にもどることが可能です。

歯肉炎


歯周病初期

歯肉炎から、さらに細菌感染が進んだ状態です。歯肉の炎症は歯肉炎時とほぼ同様。ブラッシングやフロスで出血します。細菌感染の進行に より結合組織付着が喪失し、破壊された結合組織付着は、元には 戻りません。この時点で歯周病だという自覚は、ほぼありません。 歯周ポケットの深さは3~4mm 程度。

歯周病初期


歯周病中期

歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。歯周組織の破壊もさらに進行し、骨の破壊を伴い、歯周ポケットは深くなって いきます。ブラッシングやフロスでの出血が多くなり、深くなったポケットには歯石が溜まり悪化します。人によっては歯周病の進行を、自 覚します。歯周ポケットの深さは4~5mm 程度。

歯周病中期


歯周病重度

歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。それと同様に歯周組織の破壊も加速し、歯の支持している骨が少なくなり ます。歯肉は若干退縮しますが、歯周病重度でも進行に気づきにくい場合もあります。ブラッシング時には、出血だけでなく膿が出ることも あり、また、強い口臭などの症状も認められます。歯周ポケットの深さは5mm 以上。

歯周病重度


歯周病末期

歯肉は赤紫色に腫れ上がり、少し触れただけで直ぐに出血したり膿が出ます。口臭もさらに強くなります。歯周組織の破壊と同様に歯肉も退 縮し、歯が長くなったように感じ、 歯と歯の隙間も目立つようになります。歯を支える骨が極端に減少し、歯が揺れてきます。 歯が動揺する ことで咬む力が弱くなります。そのまま放置すると歯が抜け落ちることもあります。

歯周病末期

当ホームページに掲載されている画像・イラストは
当院にて制作したものであり著作権は当院にあります。
画像・イラストを無許可で転載・転用することは固く禁止いたします。

診療のご案内

当院では、質の高い治療を行うため、予約制となっております。 ご理解・ご協力をお願いいたします。

東京ステーション歯科クリニックの電話お問合せ東京ステーション歯科クリニックの電話お問合せ

診療時間

午前・午後とご都合に合わせてご予約ください。

診療時間

休診日

土曜日、日曜日、祝祭日が休診日となります。ご予約の前にご確認ください。

休診日

診療内容

保険治療はもちろんのこと、インプラント治療や歯を美しくする治療等の専門性の高い治療にも対応しております。

  • 保険治療
  • 歯周病治療
  • インプラント治療
  • 歯を美しくする治療
  • 矯正治療
  • 保険治療
  • 歯周病治療
  • インプラント治療
  • 歯を美しくする治療
  • 矯正治療

交通アクセスのご案内

交通アクセスのご案内

東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル地下1階

最寄り駅のご案内

  • JR「東京駅」八重洲南口より徒歩約3分
  • 東京メトロ銀座線「京橋駅」1番出口より徒歩約3分
  • 東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」A3、B3出口より徒歩約5分

首都高速のご案内

  • 目黒、羽田、千葉、常磐道、東北道方面より〈呉服橋〉ランプ
  • 新宿、池袋、中央道、東名高速、関越道方面より〈江戸橋〉ランプ